学生voice

K・A さん

短期大学 保育科2020年卒業
東京都・都立東大和高等学校出身
進路決定先:白梅学園大学 子ども学部発達臨床学科

実習を通して、
自分の保育観を見つけていく

同じ夢を志す仲間の
意見に刺激を受ける日々

母のような保育士になりたいと、母が卒業した白梅学園短期大学を選びました。保育科は、1年次の6月には幼稚園実習があります。早い段階から、将来どのような保育をしていきたいか自分の保育者像を明確にできるとともに、現場と授業を結びつけて学んでいけることが魅力です。授業ではひとつの事例について皆で考え、話し合う機会が多くあります。仲間の多様な意見に、考えさせられたり、刺激を受けたりしながら充実した大学生活を過ごしています。

初めての保育園実習に向けて
必要な知識と技術を修得

入学直後に履修した「乳児保育Ⅰ」の授業では、初めての保育所実習に向けて、おむつ替えなど乳児のお世話に関する内容を幅広く学ぶことができました。今は実習やボランティア活動を経て実感したことを活かしながら、学びを深める毎日です。実際の現場でしか知り得なかったことはたくさんあり、その経験をより実り豊かなものにしたいと思っています。これからもさまざまな角度から保育について学び、自分の保育観を定めながら、将来を決めていきたいです。

先輩へQuestion!

放課後はどんなことをしていますか?

授業の予習が多いですが、友人と立川などでショッピングするのも楽しみです。短大だからといって勉強ばかりというわけではなく、サークルを楽しむ学生もたくさんいます!

アルバイトはしていますか?

1年次の後期には授業にも慣れ、時間に余裕が持てるようになってきたので、今はドーナツ屋さんで働いています。同年代の多い職場で、他大学の話が聞けたりするのも楽しいです。

受験生に応援メッセージを!

早い時期からの実習は、最初は不安かもしれませんが、白梅はサポートが万全なので大丈夫です。子どもたちと触れ合うことで、夢へのモチベーションが高まりますよ!

他の先輩を見てみよう!

卒業生voice

他学科一覧

子ども学科 発達臨床学科 家族・地域支援学科 短期大学 保育科 大学院