学生voice

K・S さん

子ども学部 子ども学科4年
神奈川県・県立生田高等学校出身

卒園後の子どもの成長も
大切にできる保育を

複数分野の多面的な学びで
視野が広がっていく

幼い頃から保育士をめざしていたため、保育分野のカリキュラムが充実し、専門的な学びができる白梅に進学しました。子ども学科は保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の資格・免許を取得することができるので、将来の幅が広がります。またそれぞれの分野の課題や特長を学べるため、長期的な視野で子どもの成長を支援することができると思います。同じ保育の道をめざす仲間と支え合いながら一緒に学べる環境も、私にとって大きな励みになっています。

サークル活動を通して
未来につながる力を育む

将来保育士になった時、子どもたちが卒園後も人生を大切に歩んでいけるような心を育んでいきたいと考え、今は小学校分野に関することも積極的に学んでいます。授業はもちろんのこと、小学校教育研究サークルにも所属。お祭りなどで、子どもたちに跳び箱や縄跳びを教えたり、プラ板作りなどの企画を行っています。お祭りに参加するほかの団体や保護者の方との関わりから学ぶことも多く、保育士になってからも役立つ経験になると感じています。

先輩へQuestion!

放課後はどんなことをしていますか?

今は課題が多いので、放課後はほとんど自習にあてています。1年次の頃は図書館で友人と映画を観ることもありました。また週に1度、中学時代からの趣味であるテニスをしています。

アルバイトはしていますか?

近所のシフォンケーキ屋さんで時々アルバイトをしています。ずっと好きだったお店なので楽しいです。以前はファミリーレストランのホールのアルバイトもしていました。

受験生に応援メッセージを!

白梅には同じ目標に向かう仲間がたくさんいます。子どもたちと触れ合う機会も豊富にあるので、子どもが好きな人にはおすすめです。白梅で、ぜひ充実した時間を過ごしてください!

他の先輩を見てみよう!

卒業生voice

他学科一覧

子ども学科 発達臨床学科 家族・地域支援学科 短期大学 保育科 大学院