【Pick Up】授業・ゼミ

Pick Up授業

現代子ども学

首藤 美香子教授

専門分野:子ども文化論、子ども社会学、比較保育教育学

子どもとは何者か、子どもはどのようにして大人になるのか、大人との違いはどこか、子どもの育ちや学び、人間関係、子ども期の意味や経験はどう変化してきているのか、子どもの問題はなぜ生じるのか、考えていきます。

教職概論

須川 公央准教授

専門分野:教育哲学、教育人間学

教職の意義から始めて、教師像の変遷や服務・研修といった教職の法的規定性、さらには学級経営や生徒指導など、教員が学校内外の専門家と協力しつつ諸課題に対応するチーム学校の重要性について理解を深めます。

保育・教職実践演習(幼稚園)

本山 方子教授

専門分野:教育心理学、子ども心理学、教育方法学

4年生の後期、学びの集大成として,自らの保育者としての課題を見極め職業生活を展望します。模擬保育では指導案をもとに保育を実践し、幼児役の受講生たちの反応を得て、実践上の工夫と課題を明確にします。

Pick Upゼミ

山本ゼミ

音楽を中心にしつつ、
別のテーマも研究できる

理論的思考と科学的思考を身につける

山本 由紀子 講師専門:音楽心理学、音楽教育、音楽学

音楽を専門としているので、子どもの音楽表現などを研究する学生が多いですが、研究テーマに規定はないので、全く違うテーマを選ぶ学生もいます。ゼミナールでの活動を通して論理的・科学的思考を身につけることで、さまざまな情報があふれる現代社会において、自分自身だけではなく、保育者として子どもたちを守る力にもつながると考えています。

発表を通して、互いに刺激を与え合う

O.R.さん子ども学部 子ども学科4年
埼玉県・県立川越南高等学校出身

自分の関心に沿って研究を深めるうちに、興味の幅がどんどん広がること、新しい視野をもてることが面白いです。他の学生の発表を聞いて、自分とは異なる価値観や考え方に触れることができるところも、本ゼミナールの魅力です。ゼミナールで広げた視野を活かして、将来は子どもたちの個性を引き出せる公立保育士になりたいです。

師岡ゼミ

研究的実践者となる素養を高める

研究的実践者となる素養を高める

師岡 章 教授専門:保育・幼児教育学

よりよい保育者になるためには、子どもと関わる中で生じた問題を自分で気づき、解決していく力が求められます。自らの実践を記録し、丁寧に振り返る中で成果と課題を整理する。成果と課題を踏まえて指導案を作成し、実践を改善していく。こうした一連の保育活動を客観的、研究的に進められる力こそ、子ども一人ひとりを大切にする保育を展開していく原動力になります。実践力の向上と共に、こうした研究的な姿勢も育んでいます。

ゼミナールでの学びと理想の保育像

T.H.さん子ども学部 子ども学科2020年卒業
東京都・都立南平高等学校出身
進路決定先:江東区 公務員(保育士)

私はもともと子どもの“遊び”に興味があり、「遊びを中心とした保育のあり方を考える」というテーマを掲げている師岡ゼミナールを志望しました。ゼミナール活動を行う中で、子ども期の学びの中心は遊びにあり、その遊びのきっかけをつくるため、保育者として何ができるかを考えるようになりました。考えが煮詰まった時は師岡先生やゼミ生に相談し、視野を広げることができました。子どもの想いを受け止め、寄り添う姿勢を大切にし、自己肯定感を高めることのできる保育者を目指しています。

ゼミナール一覧
  • 子どもの健康と運動・スポーツについて/安倍 大輔 准教授
  • 子どもの社会性の発達や親子関係、アロマザリング
    (母親以外のヒトによる子育て・ケア)について考える/石島 このみ 講師
  • 障害や発達特性のある子どもと家族への保育教育的支援/市川 奈緒子 教授
  • 子どもや家族に関する法律・制度の研究/尾﨑 万帆子 講師
  • 児童文学から現代文学まで幅広く文芸作品を読み解く/鬼頭 七美 准教授
  • 病気を持つ子どもと家庭や環境について考える/小林 美由紀 教授
  • 学校教育の現代的課題、教職の専門職性に関する研究/須川 公央 准教授
  • 障がいのある子もない子も参加できるワークショップの実践/杉山 貴洋 教授
  • 様々な時代や社会の子どもの育ち、遊び、文化、親子関係の研究/首藤 美香子 教授
  • 理科における授業設計や教材開発/中林 俊明 准教授
  • 絵本を読みあう活動、保育者の研修プログラムの開発/仲本 美央 教授
  • 恋愛・結婚、ジェンダー、家族関係、男性保育者、父親の育児など/庭野 晃子 准教授
  • 子ども・家族の貧困・社会的孤立問題と福祉課題集積地域研究/長谷川 俊雄 教授
  • 子どもの食と環境に関する研究/林 薫 教授
  • 小学校教育のあり方と学びを深く考え、具体的な指導法を身につける/増田 修治 教授
  • 子どもとは、保育とは、保育者とは…について実践的かつ理論的に再考する/村山 博文 准教授
  • 「子ども」という存在をおとなとの境界と世代生成から考える/本山 方子 教授
  • 遊びを中心とした保育のあり方を考える/師岡 章 教授
  • 子どもと音楽、音楽教育、音楽心理学などの広く音楽に関する研究/山本 由紀子 講師

※大学の専門ゼミナールは、学科の枠を超えて履修することが可能です。

他学科一覧

子ども学科 発達臨床学科 家族・地域支援学科 短期大学 保育科 大学院